防犯カメラ・監視カメラの接続方法

防犯カメラ・監視カメラ接続方法

防犯カメラ・監視カメラを設置してみたいけど取り付け方がわからない・・・
そんな方は是非こちらのページをご覧下さい。
こちらのページでは防犯カメラ・監視カメラカメラの接続方法について詳しくご説明致します。
ご不明な点・ご相談等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせフォームはこちらへ お電話でのお問い合わせは「TEL03-3253-7219」までどうぞ

防犯カメラ・監視カメラの端子

カメラの端子には主に「BNC端子」と「RCA端子」があります。
RCA端子とBNC端子
「RCA端子」は通常のテレビ等にある映像・音声の入出力端子(ビデオ端子)と同じです。
「BNC端子」はケーブルをしっかりと固定出来るコネクタで、多くの防犯カメラがコネクタ抜けを防止する為にこの端子を採用しています。どちらの端子も専用の変換コネクタを使用する事で端子形状を変換する事が出来ます。

各端子にはオスとメスがあり、オスは「P:プラグ」、メスは「J:ジャック」となります。
BNC端子・RCA端子
BCN端子のメスの場合はBNC-J端子、RCA端子のオスの場合はRCA-P等と表記する場合があります。

主な防犯カメラ・監視カメラ接続イメージ

一般的な接続方法
通常の映像ケーブル・電源ケーブルを使用して配線します。
一般的な防犯カメラ・監視カメラ接続方法

映像・(音声)・電源がひとまとまりになった、配線しやすい専用ケーブルを使用した接続方法
DCV-○○、BS-30○○DCV等のケーブルを使用して配線します。(下画像例はBS-30○○)
専用ケーブルを使用した接続方法