HDCVI防犯・監視カメラシステムについて

HDCVI防犯・監視カメラシステムについて

HDCVI防犯・監視カメラシステム

このページではHDCVI防犯・監視カメラについて詳しくご説明致します。
アナログ防犯・監視カメラや他のシステムとの違いを分かり易くご案内させていただきます。

1.HDCVIとは

HDCVIとは、High Definition Composite Video Interfaceの略で、中国の大手CCTVメーカー「Dahua(ダーファ)」が開発した同軸ケーブルを使用してHD解像度を実現する規格です。AHD(Analog High Definition)同様にアナログシステムでHD画質の監視が可能になる防犯・監視カメラシステムとなります。その為、アナログ防犯・監視カメラを既にご利用の場合、既存の同軸ケーブルをそのまま活用できるので、機器の入れ替えだけで済み、従来のアナログシステムとほぼ同様の操作で監視が可能です。さらに、HDCVIレコーダーはHDCVIカメラの接続はもちろん、既存のアナログカメラも接続できるので、無駄なコストをかけることなくリプレイスには最適なシステムです。

2.高画質フルHD/HD映像を映像遅延なく伝送

HDCVIはフルHD防犯・監視カメラシステムのHD-SDI方式と同等の画質を有しており、
フルHD/HD映像(200万画素/130万画素)の高画質監視を容易に実現します。
HD-SDI方式では映像信号を非圧縮伝送する為、HD-SDI方式に比べると若干画質が落ちますが、それを補うオプションも備えており、ローコスト、ハイパフォーマンスを実現します。

3.同軸ケーブル1本で映像/音声/制御信号の伝送が可能

HDCVIは映像信号以外にも音声信号、制御信号を重畳して伝送することができます。
その為、対応する機器同士の場合はHDCVIカメラのOSD操作をHDCVIレコーダーで行うことができ、施工後のカメラ設定をモニター側で行うことが可能です。また、PTZカメラの場合はPTZ制御もケーブル1本で行うことが出来る為、従来のような映像ケーブル、音声ケーブル、PTZ制御用ケーブルを別々に配線する必要がなく、配線作業を容易にし、ケーブル費用の削減も図れます。

4.長距離配線が可能

HDCVIはフルHD防犯・監視カメラシステムのHD-SDIと同等の解像度をもちながら、配線距離はアナログシステム同様に最大500mの長距離伝送を実現します。ただし、開発元の「Dahua」では3C-2Vでは250m、5C-2Vでは500mの長距離伝送が可能としていますが、実際にはケーブルの配線状況や品質等で正常に映像を伝送することが出来ないことも多い為、、ワイケー無線では3C-2Vでは100m、5C-2Vでは200m、5C-FBでは300mまでを推奨しております。

5.既存の配線の利用やアナログカメラ接続が可能

既存の同軸ケーブルを利用して、カメラとレコーダーの機器を替えるだけで、そのまま配線を利用してアナログシステムからHDCVIシステムへの移行が行えます。また、HDCVIレコーダーにはHDCVIカメラだけでなく既存のアナログカメラの接続も可能で、HDCVIカメラとのハイブリッドシステムを構築できます。配線工事の費用を削減でき、アナログシステムからのリプレイスに最適なシステムです。

※HDCVIはHD-SDI程ケーブルにシビアではありませんが、それでもAHD方式に比べると実配線距離が短くなります。その為、既設の同軸ケーブルを使用する場合には事前チェックやシグナルチェックが必要です。

※HDCVIは通常のモニターや画面分割器、画面切替機等に接続しても正常に映像は表示されません。
 必ずHDCVIレコーダーに接続してご使用いただく必要があります。
 HDCVIレコーダーからのHDMI/VGA出力によるモニター表示により、各設定や画角調整を行います。

防犯カメラ・監視カメラ製品のサイト内検索。型番検索にご利用ください

防犯・監視システムの設置工事・施工のお手伝いを致します 多様化する防犯カメラ・監視カメラの規格について解説致します。防犯カメラ・監視カメラ選定の際、お役立てください ご注文頂きました防犯・監視システム製品は最短で即日発送 ショッピングカートご利用方法 FAX用オーダーシートダウンロード 防犯・監視システムFAQ 防犯・監視録画機器で録画を行った場合のフレームレートの違い 防犯・監視システムご購入の際によくあるご質問 B-plus 経営者インタビュー