200万画素ドアビューアー型カメラ カラードアカムHDの製品詳細

200万画素ドアビューアー型カメラ カラードアカムHD

200万画素ドアビューアー型カメラ
フルHD玄関ドアビューア差替え型来客確認用カメラ!

型番:カラードアカムHD AHD仕様

価格:¥45,360(税込)
カートに入れる
(購入数はカート内で設定して下さい)

型番:カラードアカムHD アナログ仕様

価格:¥45,360(税込)
カートに入れる
(購入数はカート内で設定して下さい)

200万画素ドアビューアー型カメラ カラードアカムHD 主な機能と特徴

ドアビューアーをレンズに使用したドアスコープカメラ

カラードアカムHDはカラードアカムHDは国内で一般的に使われているドアビューアーをレンズとして使用することにより、110度の画角を実現しました。また、本物のドアビューアーを使用しているので、外側から見てもカメラとは気付かれない設計になっています。

業界高水準の画質を実現

カラードアカムHDは最新のSONY製CMOSイメージセンサーを採用し、200万画素フルハイジョンによる高精細画質を実現しました。これにより、今まで捉えきれなかった細部までをより鮮明に撮影することができます。

映像出力方式はAHD2.0 / CVBSに対応 ※ご注文時に選択

カラードアカムHDの映像方式はAHD2.0(Analog High Definition)とアナログ(CVBS)に対応します。映像方式はメーカー出荷時に設定される為、ご注文時にAHD仕様をご希望の場合はAHD仕様を、アナログ仕様をご希望の場合はアナログ仕様をご注文下さい。

AHD仕様ではフルHD解像度で映像を出力できますが、接続に際してAHD2.0に対応したレコーダーまたはAHDコンバーター、AHD対応モニターが必要になります。

アナログ仕様は1280H解像度での映像出力となりますが、通常のテレビモニターのビデオ入力に接続できます。

下記リンク先(PDF形式)にてカラードアカムHDの接続例をご確認いただくことができます。

カラードアカムHD接続例 (PDF形式/82KB)

※注意事項※
カラードアカムHDは4in1システムのカメラが組み込まれており、接続するレコーダによってはレコーダー側からカラードアカムHDの設定変更や信号方式の変更などが可能な場合があります。その際は、設定変更や信号方式の変更は絶対に行わないで下さい。万が一、設定変更や信号方式の変更した為に発生した不具合等についてはメーカー保証対象外となり、有償修理となります。

簡単取付

カラードアカムHDの取り付けは既存のドアビューアーをドアから外し付け替えるだけの簡単取付です。あとは、ケ-ブルを這わせてレコーダーやモニターに繋ぐだけですぐにモニタリングが可能になります。レコーダーに接続すればイタズラなどの証拠撮影ができ、モニターに接続すれば玄関用モニターとしてご活用いただくことができます。

対応ドアビューアーについて※ご購入前に必ずご確認下さい※

カラードアカムHD 対応ドアビューアーについて※ご購入前に必ずご確認下さい※

カラードアカムHDは簡単取付ができますが、取付が不可の場合もございます。
取り付けが可能かどうか、下記の内容を踏まえて事前にご確認をお願い致します。

ご自宅の玄関のドアに付いているドアビューアーが、カラ-ドアカムHDと同じ形状のものか確認してください。カラードアカムHDのレンズユニットは、日本国内で最も一般的なものを採用していますが、これ以外のタイプも存在します。その場合は取り付けできません。カラードアカムHDの取り付けられるドアの厚みは42mm程度までです。

※1.カラ-ドアカムHDの画像を映したり、録画する場合はモニターやレコーダーが別途必要になります。
※2.カラードアカムHDは、暗所での使用には向いておりません(暗い廊下など)。そのような環境下での使用はご遠慮いただけますようお願い致します。

カラードアカムHD 本体レンズ部分(前面部)

カラードアカムHD 本体レンズ部分

カラードアカムHDのレンズ部分です。ドア外側にはドアビューアーの先端部分が露出されます。ドアビューアーは一般的なドアビューアーと同一の形状なので、外側から見てもカメラであることが悟られません。

カラードアカムHD 本体側面

カラードアカムHD 本体側面

カラードアカムHDの側面画像です。
ドアビューアー先端部分がドアの外側、固定ナットより右部分がドア内側に来ます。

カラードアカムHD 本体背面・接続部分

カラードアカムHD 本体背面・接続部分

カラードアカムHDの本体背面から約450mmのケーブルが出力されます。
末尾で映像出力端子(BNC端子)、電源入力端子(付属ACアダプター)に分岐します。

カラードアカムHDで撮影した実際の画像

カラードアカムHDで実際に撮影した静止画像をご用意致しました。
AHD監視用デジタルレコーダーに入力させキャプチャー機能で静止画取り込みしています。

撮影はAHD仕様、アナログ仕様でそれぞれ行い、周囲に十分な照明がある状態、
約3Lux程度のやや薄暗い状態、約0.08Luxの薄暗い状態で撮影を行いました。

 AHD仕様で撮影 / カメラから約40cm離れた被写体を撮影
カラードアカムHD カメラから約40cm離れた被写体を撮影 (画像をクリックすると原寸の画像を表示します)
カメラから40cm離れた被写体を撮影した画像です。
ドアスコープ越しの映像とは言え、十分な画質で撮影が出来ています。玄関前全体を撮影できる印象です。
 AHD仕様で撮影 / カメラから約40cm離れた被写体を約3Lux弱の低照度で撮影
カラードアカムHD カメラから約40cm離れた被写体を低照度撮影 (画像をクリックすると原寸の画像を表示します)
カメラから40cm離れた被写体を約3Lux弱の低照度で撮影した画像です。
全体的にノイズが増えていますが、被写体の確認などは行えています。
 AHD仕様で撮影 / カメラから約40cm離れた被写体を約0.08Luxの低照度で撮影
カラードアカムHD カメラから約40cm離れた被写体を低照度撮影 (画像をクリックすると原寸の画像を表示します)
カメラから40cm離れた被写体を約0.08Lux弱の低照度で撮影した画像です。
全体的にノイズが増え、かなり暗くはなりますが被写体の識別は可能です。
これ以上照度を落とすと映像が暗くなりすぎてしまい実用性が無くなってしまいました。
 アナログ仕様で撮影 / カメラから約40cm離れた被写体を撮影
カラードアカムHD カメラから約40cm離れた被写体を撮影 (画像をクリックすると原寸の画像を表示します)
カメラから40cm離れた被写体を撮影した画像です。
アナログ画質となりますが、全体的に良好な撮影が出来ています。
 アナログ仕様で撮影 / カメラから約40cm離れた被写体を約5Luxの低照度で撮影
カラードアカムHD カメラから約40cm離れた被写体を低照度撮影 (画像をクリックすると原寸の画像を表示します)
カメラから40cm離れた被写体を約5Lux程度の低照度で撮影した画像です。
5Lux程度でしたら被写体の識別などは問題なく行うことができます。
 アナログ仕様で撮影 / カメラから約40cm離れた被写体を約0.08Luxの低照度で撮影
カラードアカムHD カメラから約40cm離れた被写体を低照度撮影 (画像をクリックすると原寸の画像を表示します)
カメラから40cm離れた被写体を約0.08Lux弱の低照度で撮影した画像です。
AHD仕様では撮影出来ていましたが、アナログ仕様では映像が暗くなりすぎてしまい、被写体を色部することができませんでした。

200万画素ドアビューアー型カメラ カラードアカムHD のご紹介

ドアスコープ、ドアビューアー用防犯カメラとして長年ご好評をいただいていたカラードアカムが200万画素CMOS搭載のフルハイビジョン画質になり、カラードアカムHDとして新登場しました。カラードアカムHDの映像方式はAHD2.0出力 / アナログ出力に対応し、ご注文時に映像方式を選択していただくことになります。

カラードアカムHDは従来機種と同様に玄関ドアの既存ドアビューアーと差し替えるだけで簡単に設置ができ、手軽に玄関前の防犯・監視を行うことができます。特にマンション、アパートなどでは安易に玄関外に防犯カメラを設置することが出来ない為、そのような場合には特にカラードアカムHDの活躍が期待できると思われます。

また、カラードアカムHDのレンズ部分は一般的なドアビューアーと同じ形状を採用している為、外側からはカメラと気付かれることがなく、スマートに設置することができます。メリットとしては外側からカメラの存在を気付かれずに監視することができるほか、調査機器でドアビューアーの外側から室内を確認出来るスコープも市販されており、それによる内部確認を防ぐことも可能です。

カメラとしての具体的な性能面では、従来機種では38万画素のアナログ画質であったのに対し、カラードアカムHDは1/2.9インチ 2.43MP SONY Exmor CMOSを搭載することで200万画素超のフルHD解像度での撮影が可能になりました。
また、最低被写体照度は0.5Luxとある程度の低照度下での撮影にも対応します。但し、低照度撮影に長けている訳では無い為、照明があまりない環境下では映像が暗くなってしまいますので注意が必要です。
撮影範囲・画角はドアビューアーを通して撮影を行う為、魚眼撮影とはなりますが110度の広範囲の画角を得ることができます。

実際に使用した印象として、十分な照度がある環境下、低照度の環境下ともにAHD仕様の方が良好に撮影ができました。特にフルHDでの撮影時には従来機種を遥かにしのぐ良好な画質で撮影ができ、ドアスコープカメラとしてはカラードアカムHDがベストバイモデルだと思います。
アナログ仕様でも十分な画質で撮影はできますが、性能をフルに発揮させたい場合にはAHD仕様での運用をお奨め致します。どうしても従来のビデオ入力で運用せざるを得ない場合にはアナログ仕様を選択してご使用ください。

※カラードアカムHDは映像方式をご注文時に選択していただく必要があります※
映像方式AHD2.0仕様では、フルHD(1920×1080)の高精細画質で撮影が可能になりますが、AHD2.0に対応したレコーダーやモニター、コンバーターが必要となります。映像方式アナログ仕様では1280Hのアナログ画質の撮影となりますが、一般的なビデオ入力でのモニタリングが可能になります。フルHDによる高精細画質で監視を行いたい場合にはAHD2.0に対応した製品と組み合わせてご使用下さい。

200万画素ドアビューアー型カメラ カラードアカムHD 製品仕様

製品名 カラードアカムHD
AHD仕様 アナログ仕様
撮像素子 1/2.9インチ 2.43MP SONY Exmor CMOS
有効画素数 1984(H)×1225(V)
解像度 AHD 1080p CVBS(1280H)
画角 110度
最低被写体照度 0.5Lux
映像出力 AHD2.0 CVBS(1280H)
シャッタースピード オート
設置可能なドア厚み 42mm程度まで
寸法 直径44×D88mm / ケーブル長 約450mm
重さ 115g
電源 DC12V
同梱品 カラードアカムHD本体
DC12V-ACアダプター
取扱説明書兼保証書(保証期間6カ月)
映像機器注意事項書

※カラードアカムHD で使用するドアビューアーレンズは、擬装性能を保持する為実際のドアビューアーを採用しています。製造時に発生する微細なキズ等についてはご容赦下さいます様お願い申しあげます。
※カラードアカムHD の映像は、ドアビューアーレンズを通して取り込んだ映像となります。その為、映像取り込み円内でピントの合わないエリアがありますが不良ではございません。センタ―エリアにピントが合うように調整しています(レンズより0.8 ~ 1m の距離にて)。
※カラードアカムHD はAHD 規格を採用していますが、同規格を採用するすべてのレコーダーでの動作を保証する物ではございません。予めご了承下さいます様お願い致します。
※極端に暗い場所での使用には適しておりません。暗所で使用した場合、動体を撮影した際に映像に残像が発生する事がありますが異常ではありません。
※本製品の保証期間はお買い上げ日より6ヶ月となります。
※ご使用の際は、付属の取扱説明書をよくお読みになり、十分理解された上でご使用ください。
※製品の仕様及びデザインは改良のため予告なく変更される場合があります。予めご了承下さい。

200万画素ドアビューアー型カメラ カラードアカムHD オプション品のご案内

AHD監視用デジタルレコーダー AHD監視用デジタルレコーダー

AHD防犯・監視カメラ録画用の監視用デジタルレコーダーです。
AHD防犯・監視カメラの映像モニタリングや録画の際に必須となります。
ケーブル ケーブル

カラードアカムHDには配線ケーブルは付属しておりません。
配線ケーブルが必要な場合は別途お買い求め下さい。
防犯カメラ・監視カメラ製品のサイト内検索。型番検索にご利用ください

防犯・監視システムの設置工事・施工のお手伝いを致します 多様化する防犯カメラ・監視カメラの規格について解説致します。防犯カメラ・監視カメラ選定の際、お役立てください ご注文頂きました防犯・監視システム製品は最短で即日発送 ショッピングカートご利用方法 FAX用オーダーシートダウンロード 防犯・監視システムFAQ 防犯・監視録画機器で録画を行った場合のフレームレートの違い 防犯・監視システムご購入の際によくあるご質問 B-plus 経営者インタビュー