4方式映像出力対応バレット型フルHD広角屋外用防犯カメラ SJC21Bの製品詳細

4方式映像出力対応バレット型フルHD広角屋外用防犯カメラ SJC21B

AHD2.0/HD-TVI/HD-CVI/CVBS映像出力対応
バレット型フルHD広角屋外用防犯カメラ

屋外設置対応!広角レンズ搭載のバレット型カメラ!

型番:SJC21B

価格:¥19,800(税込)
カートに入れる
(購入数はカート内で設定して下さい)

4方式映像出力対応バレット型フルHD広角屋外用防犯カメラ SJC21B 主な機能と特徴

AHD2.0/HD-TVI/HDCVI/CVBSの4つの映像方式に対応したフルHDカメラ

SJC21Bは監視映像を手軽にフルHD画質化することができるAHD2.0を始め、同様の規格であるHD-TVIやHDCVIに映像信号を切替できるマルチ方式のフルHDカメラです。アナログ防犯カメラと同じケーブルを利用出来る為、手軽に導入ができ、既にアナログ防犯カメラをご利用の場合、既設の同軸ケーブルをそのまま活用してフルHD映像に切り替えることができます。また、CVBSへの切替も可能なのでアナログ防犯カメラとしてもご利用いただくことができます。

SJC21B f2.5mmの広角レンズを搭載
▲本体ケーブル部分に備わっているOSD操作スイッチにより映像方式の切替が可能です。

2.48メガピクセル SONY Exmor CMOSイメージセンサー搭載

SJC21Bは2.48メガピクセル SONY Exmor CMOSイメージセンサーを搭載。248万画素の高精細映像での撮影が可能です。アナログ防犯カメラ映像では確認し切れなかった細かな部分もより鮮明に映し出すことができます。

Day&Night 機能搭載

SJC21Bは暗くなると自動的に白黒撮影に切り替え、感度を増幅して撮影を行うことができるDay&Nightモードを搭載しています。最低被写体照度はカラー時1Lux、白黒時は0.5Luxとある程度の低照度下での撮影にも対応します。さらに、デジタルスローシャッター機能を利用することでカラー時は最低被写体照度0.002Lux、白黒時は0.0008Luxまでの超高感度撮影が可能です。

※切替は自動、手動、カラー固定、白黒固定が可能です。
※赤外線には対応しておりません。

SJC21B デイモード(カラー映像) SJC21B ナイトモード(白黒映像)

約98度の広角撮影が可能

SJC21B f2.5mmの広角レンズを搭載

SJC21Bは広角レンズを採用することで水平画角約98度の広角撮影ができ、1台で広範囲を監視することができます。

IP66防水性能

SJC21BはIP66の防水性能を備えたバレット型小型カメラです。
これにより、屋外で雨水が掛かる場所への設置にも対応します。

※ケーブル接続部分などは防水処理を施して下さい。

OSD(オン・スクリーン・ディスプレイ)機能搭載

SJC21Bはモニター画面上に設定画面を表示させてカメラの各設定を行うことができるOSD(オン・スクリーン・ディスプレイ)機能を搭載しています。多彩なカメラの機能をモニター画面を見ながら設定することができます。操作はケーブル途中に備わっているリモコンで行うことができます。

SJC21B OSD設定用スイッチ SJC21B OSD設定画面

3DNR(三次元デジタルノイズリダクション)機能搭載

SJC21Bは低照度撮影時に発生しやすいノイズを大幅に低減させる3DNR機能を搭載しています。これにより夜間・暗視撮影時でも鮮明な高画質映像を実現します。

SJC21B 3DNR OFF SJC21B 3DNR ON

▲3次元ノイズリダクション機能比較画像
実際に低照度下で撮影を行いました。左が3DNR機能OFFの画像、右が3DNR機能ONの画像です。
3DNR機能が大幅にノイズを低減させている事が分かります。

※3DNRを利用した場合、映像の残像が残る場合があります。

デジタルスローシャッター(SENS-UP)機能搭載

SJC21Bはデジタルスローシャッター機能(電子感度アップ)を搭載しています。デジタルスローシャッター機能により夜間、低照度下では電子的に感度を増幅させ、肉眼では監視できないレベルの低照度環境下でも、明るい映像で撮影することが可能です。AUTO~最大30倍まで設定することができます。

※デジタルスローシャッター機能は感度を上げ過ぎると極端に動画撮影能力が落ちます。

D-WDR機能搭載

SJC21BはD-WDR(デジタルワイドダイナミックレンジ)機能を搭載しています。D-WDR機能により強い逆光時に生じる被写体の黒つぶれをデジタル処理し、全体の映像を明瞭に補正する事が出来ます。ダブルスキャン方式の本格的なWDR機能とは異なりますが、逆光補正機能よりも補正が強い為、逆光の強い監視場所で監視する場合にも安定した映像で監視が可能です。

SJC21B D-WDR機能OFF SJC21B D-WDR機能ON

▲D-WDR機能比較画像
明暗差のある環境で実際に撮影した画像です。左がD-WDR機能OFFの画像、右がD-WDR機能ONの画像です。
D-WDR機能使用時の方が前面の対象物が明るく撮影出来ているのが分かります。

本体側面(寸法図)

SJC21B 奥行き90mmの小型バレット型の筐体を採用

SJC21Bは直径37×奥行90mm(ブラケット含まず)のコンパクトな筐体に仕上がっており、カメラ部分を目立たせることなく、秘匿性の高い監視撮影を行うこともできます。

本体背面 接続部分

SJC21B 本体背面・接続部分

本体背面からケーブルが出力されます。ケーブル長はOSD操作スイッチまで約38cm、スイッチを挟んで映像・電源に分岐し、それぞれのケーブル長は約17cmとなります。OSD操作スイッチが約4cmの長さの為、カメラ背面部から端子部先端まで約60cm程度の全長になります。

SJC21Bで撮影した実際の画像

SJC21Bで実際に撮影した静止画像をご用意致しました。
AHD監視用デジタルレコーダーに入力させた映像をHDMI出力させ、
PCのキャプチャー機器を使用して取り込んでいます。

 カメラから約40cm離れた被写体を撮影
SJC21B カメラから約40cm離れた被写体を撮影 (画像をクリックすると原寸の画像を表示します)
f2.5mmの広角レンズを搭載しています。
約40cm離れた被写体全体を広く撮影ができます。映像自体の色合い、輪郭もはっきりと出ており、映像も明るく、全体的に高画質に撮影ができます。
 事務所外を撮影(屋外)
SJC21B 事務所外を撮影(屋外) (画像をクリックすると原寸の画像を表示します)
色合い、輪郭も良く、全体的に良好な撮影が出来ています。
屋外をワイドに撮影ができ、一台で広範囲を抑えたい場合に活躍が期待できそうです。
 カメラから約40cm離れた被写体を0.07Luxの低照度下で撮影
SJC21B カメラから約40cm離れた被写体を低照度カラー撮影 (画像をクリックすると原寸の画像を表示します)
デジタルスローシャッターで最大感度を4倍に設定して低照度下で撮影をしました。
0.07Luxの低照度下でも安定した撮影ができており、屋外でも外灯がある環境下であれば十分夜間の監視映像を撮影できると思われます。

4方式映像出力対応バレット型フルHD広角屋外用防犯カメラ SJC21B のご紹介

SJC21Bは監視映像を手軽にフルHD画質化することができるAHD2.0を始め、同様の規格であるHD-TVIやHDCVIに映像信号を切替できるマルチ方式のフルHD屋外設置対応バレット型カメラです。AHD2.0、HD-TVI、HDCVIに対応した録画機器と組み合わせることができ、様々な映像規格が混在した環境下でもご利用いただくことができます。また、CVBSへの切替も可能なのでアナログ防犯カメラとしてもご利用いただくことができます。

また、SJC21Bはアナログカメラで同一筐体を採用していた「SJC210B」の後継機種となり、従来機種ほど超広角ではなくなりましたが、特徴である広角撮影を行える点は踏襲しており、f2.5mmの広角レンズを搭載することで水平画角約98°の広角撮影が可能です。その為、SJC21Bを1台設置することで広範囲の撮影が可能なので、防犯カメラ1台で広範囲を監視したい場合にも活躍が期待できます。

具体的な性能面では、イメージセンサーには248万画素1/2.8インチSONY Exmor CMOSイメージセンサーを搭載することで、色合いが良く、良質なフルHD画質での撮影を実現しました。出力解像度は1920×1080の1080pとなり、従来のアナログ防犯カメラでは判別出来なかった部分も鮮明に映し出すことが可能になりました。

また、SJC21Bは赤外線に対応していないカメラとなりますが、夜間や低照度下での監視に対応させる為、デイナイト機能を搭載しており、明るい時はカラー撮影を行い、低照度下になると白黒撮影に切り替えて高感度撮影を行います。さらに、デジタルスローシャッター機能を搭載することで通常時では最低被写体照度1Lux程度(白黒)までとなっていますが、デジタルスローシャッター機能を使用することで、カラー時は0.002Luxまで、白黒時は0.0008Luxまでの低照度撮影が可能になります。これによりある程度の明かりさえあれば、昼夜を問わず監視をすることが可能になります。

この他、SJC21BはOSD機能を搭載し、上記のデジタルスローシャッター機能を始め、明暗差の激しい環境下で役に立つD-WDR機能、逆光状態を補正してくれる逆光補正機能、低照度下のノイズを軽減する3DNR機能等、監視環境に応じた最適な映像調整を行うことができる機能を搭載し、小型ながら高い機能性を備えています。
筺体はバレット型デザインを採用し、目立ちにくいブラック塗装に仕上げることで設置場所によってはカメラを目立たずに設置することも可能です。植木の隙間に設置したり、円筒径のポール内に隠したりすることで対象者に気付かれずに監視を行うことも可能だと思います。また、筺体は防水等級IP66に準拠することで屋外で直接雨風が当たる場所への設置にも対応する頑強さも兼ね揃えています。

このような特徴からSJC210Bは防犯カメラ1台で広範囲を監視したい場合や、赤外線を使用せずに屋外監視を行いたい場合(多少の照明は必要です)、狭いエリアを出来るだけ広く監視したい場合、目立たずに屋外監視を行いたい場合に活躍が期待できるフルHD監視カメラです。

※本製品の映像をご覧いただくには※
本製品は映像出力方式をAHD2.0、HD-TVI、HDCVI、アナログビデオ(CVBS)の4つの方式で切替が可能です。アナログビデオ出力では一般的なモニターで映像表示が出来ますが、他の出力では一般的なモニターで映像表示は出来ませんので、AHD2.0、HD-TVI、HDCVIに対応した監視用デジタルレコーダーに入力させ、レコーダーからの映像出力で表示させる必要があります。

※本製品の映像を録画するには※
CVBS出力時は従来のアナログビデオ入力に対応した監視用デジタルレコーダーでも録画を行うことが可能です。その場合、画質はアナログ画質となります。フルHD画質で録画を行うには、AHD2.0、HD-TVI、HDCVIに切り替えてそれぞれの映像方式に対応した監視用デジタルレコーダーをご使用いただく必要があります。

4方式映像出力対応バレット型フルHD広角屋外用防犯カメラ SJC21B 製品仕様

イメージセンサー 248万画素 1/2.8インチ SONY Exmor CMOSイメージセンサー
出力解像度 1920×1080(1080p)
走査方式 プログレッシブ方式
映像出力方式 AHD2.0 / HD-TVI / HDCVI / CVBS(NTSC / PAL)
最低被写体照度 DSS OFF カラー:1Lux / 白黒:0.5Lux
DSS ON  カラー:0.002Lux / 白黒:0.0008Lux
OSD機能 搭載
D-WDR OFF / 0~8
デジタルスローシャッター OFF / x2~x30
逆光補正 OFF / BLC / HSBLC
DNR OFF / LOW / MIDDLE / HIGH
プライバシーマスク 4マスク
動体検知 OFF / ON
レンズ f2.5mm 2MP
アイリス 電子アイリス
防水性能 IP66
電源 DC12V / 消費電流 約170mA
動作温度・湿度 -10~50℃ / 10%RH~85%RH
外形寸法(mm) 直径37×奥行90(スタンド除く)
重量 約100g (スタンド除く)
同梱内容 SJC21B カメラ本体
取付スタンド
取付ネジ一式
DC12V-ACアダプター
英語取扱説明書・保証書(保証期間1年)

※製品の品質改善の為、予告なく仕様が変更となる場合がございます。

4方式映像出力対応バレット型フルHD広角屋外用防犯カメラ SJC21B オプション品のご案内

AHD監視用デジタルレコーダー AHD監視用デジタルレコーダー

AHD防犯・監視カメラ録画用の監視用デジタルレコーダーです。
AHD防犯・監視カメラの映像モニタリングや録画の際に必須となります。
ケーブル ケーブル

SJC21Bには配線ケーブルは付属しておりません。
配線ケーブルが必要な場合は別途お買い求め下さい。
防犯カメラ・監視カメラ製品のサイト内検索。型番検索にご利用ください

防犯・監視システムの設置工事・施工のお手伝いを致します 多様化する防犯カメラ・監視カメラの規格について解説致します。防犯カメラ・監視カメラ選定の際、お役立てください ご注文頂きました防犯・監視システム製品は最短で即日発送 ショッピングカートご利用方法 FAX用オーダーシートダウンロード 防犯・監視システムFAQ 防犯・監視録画機器で録画を行った場合のフレームレートの違い 防犯・監視システムご購入の際によくあるご質問 B-plus 経営者インタビュー