ワンケーブル フルHD AHD屋内用バリフォーカルレンズ内蔵ボックス型防犯カメラ RFAC-WD2205MOC2の製品詳細

ワンケーブル フルHD AHD屋内用バリフォーカルレンズ内蔵ボックス型防犯カメラ RFAC-WD2205MOC2

ワンケーブルフルHD
AHD屋内用VFレンズ内蔵ボックス型防犯カメラ

バリフォーカルレンズ内蔵ボックス型カメラ!

型番:RFAC-WD2205MOC2

価格:¥39,800(税込)
カートに入れる
(購入数はカート内で設定して下さい)

ワンケーブル フルHD AHD屋内用VFレンズ内蔵ボックス型防犯カメラ RFAC-WD2205MOC2 主な機能と特徴

フルHD映像のAHD2.0とCVBS(アナログ)出力の切り替えに対応したワンケーブルカメラ

RFAC-WD2205MOC2 フルHD映像のAHD2.0とCVBS(アナログ)出力の切り替えに対応したワンケーブルカメラ

RFAC-WD2205MOC2はフルHD映像出力が可能なAHD2.0と従来のアナログ出力が可能なCVBSへの映像方式の切り替えに対応したワンケーブルタイプの防犯カメラです。専用の電源重畳ユニット「RFOP-UL114C」と組み合わせることで、同軸ケーブル1本で長距離配線することができます。また、電源アダプター(DC12V)を接続してカメラを駆動することも可能です。

※ワンケーブル使用時、配線距離は5C-2Vで約350m、3C-2Vで約200mになります。
※映像方式の切り替えはカメラ側で行います。

200万画素CMOSイメージセンサー搭載

RFAC-WD2205MOC2は200万画素 1/3型プログレッシブCMOSイメージセンサーを搭載し、1920×1080のフルHD映像出力に対応した高精細タイプのワンケーブル防犯カメラです。

最低被写体照度も0.05Luxと高感度撮影に対応し、ある程度の照明がある環境下であれば低照度下での撮影にも対応します。

f2.8~f12mmのオートアイリス・バリフォーカルレンズを内蔵

RFAC-WD2205MOC2 f2.8~f12mmのバリフォーカルレンズを内蔵

RFAC-WD2205MOC2は扱いやすい焦点距離のf2.8~12mmオートアイリス・バリフォーカルレンズを内蔵したボックス型防犯カメラです。レンズは本体前面部のカバーを開けることで簡単に調整することができ、広範囲の監視からある程度的を絞った撮影に対応します。オートアイリス機構なので光量を適切に保ち、蛍光灯が多い環境下ではフリッカレス機能も利用ができます。

筐体デザインはスタンダードなボックス型デザインであり、一般的に認識性の高いデザインとなりますのでコンビニエンスストアー、飲食店、ホームセンター、オフィス、事務所、ホール、マンションなどの入り口、通路、受付け口 など設置場所を問わずに設置することができます。

※レンズ交換には対応しておりません。

デュアルモード電源採用

RFAC-WD2205MOC2はデュアルモード電源採用で、同軸ケーブル1本に映像信号と電源を乗せることができる電源重畳方式のワンケーブルとしてはもちろんDC12Vアダプターからの電源供給も可能です。

サービスビデオ出力機能搭載

RFAC-WD2205MOC2はサービスビデオ出力が可能です。
サービス出力はメインの映像出力方式と同一の映像を出力します。

True Day&Night 機能搭載

RFAC-WD2205MOC2はICR(IRカットフィルターリムーバブル機構)を採用し、暗くなると自動的にIRカットフィルターを取り外した白黒撮影に切換、感度を大幅に増幅して監視を行います。これにより昼は鮮明なカラー映像で監視ができ、夜間は白黒映像に切り替え、ノイズを抑えた高感度、高画質映像で監視することが出来ます。

RFAC-WD2205MOC2 デイモード(カラー映像)RFAC-WD2205MOC2 ナイトモード(白黒映像)

D-WDR機能搭載

RFAC-WD2205MOC2はD-WDR(ワイドダイナミックレンジ)機能を搭載しています。D-WDR機能により強い逆光時に生じる被写体の黒つぶれをデジタル処理し、逆光等の明暗差が大きな場所でも、暗いところは明るく、明るいところは暗くし、鮮明かつ自然な映像を映し出します。

RFAC-WD2205MOC2 D-WDR機能OFFRFAC-WD2205MOC2 D-WDR機能ON
▲D-WDR機能比較画像
明暗差のある環境で実際に撮影した画像です。左がD-WDR機能OFFの画像、右がD-WDR機能ONの画像です。
D-WDR機能使用時の方が前面の対象物が明るく撮影出来ているのが分かります。

フリッカレス機能搭載

電源周波数が50Hzの地域(東日本)では、蛍光灯などの下で撮影すると画面のチラツキが発生し見づらくなります。(フリッカ現象)RFAC-WD2205MOC2はフリッカレス機能を搭載することで、蛍光灯のチラツキを抑え、蛍光灯が設置してある場所でも安定した高精細映像で監視することができます。

UTC制御対応 OSD(オンスクリーンディスプレイ)機能搭載

RFAC-WD2205MOC2は日本語表示対応のOSD(オンスクリーンディスプレイ)機能を搭載し、多彩な機能をモニター画面を見ながら各種機能設定をすることが出来ます。OSD制御は本体のOSD操作ボタンを使用して制御するか、UTC機能対応レコーダーと接続することで制御することができます。

OSD操作画面イメージ(実際のOSD画面をキャプチャー)
VB-HS4200WIR STARLIGHT MODE / DAY&NIGHT MODE 切り替え画面 VB-HS4200WIR セットアップメニュー画面
▲メインメニュー ▲スペシャル機能

ブラケット取付部

RFAC-WD2205MOC2 ブラケット取付部

RFAC-WD2205MOC2は画像のように三脚ネジ穴を備えた台座がつきます。
台座は本体上部、底部のどちらにも取り付けることが出来ます。

本体側面 / 本体背面

RFAC-WD2205MOC2 本体側面
▲本体側面
全長170㎜、本体はシンプルなデザインに仕上がっています。

RFAC-WD2205MOC2 本体背面
▲本体背面
OSDスイッチ、ワンケーブル使用時用映像出力端子、サービスビデオ出力端子、
パワーランプ、DC12V電源用端子が備わります。

RFAC-WD2205MOC2で撮影した実際の画像

RFAC-WD2205MOC2で実際に撮影した静止画像をご用意致しました。
AHD監視用デジタルレコーダーに入力させた映像をHDMI出力させ、
PCのキャプチャー機器を使用して取り込んでいます。

 カメラから約40cm離れた被写体を撮影
RFAC-WD2205MOC2 カメラから約40cm離れた被写体を撮影 (画像をクリックすると原寸の画像を表示します)
f2.8mmの広角撮影をしました。
AHD2.0防犯カメラとしては標準的な画質で撮影ができます。
 事務所外を広角撮影(屋外)
RFAC-WD2205MOC2 事務所外を撮影(屋外) (画像をクリックすると原寸の画像を表示します)
f2.8mmにレンズを調整して広角撮影を行いました。
画素数が高い為、細かな部分まで確認することができます。
事務所外を望遠撮影(屋外)
RFAC-WD2205MOC2 カメラから約40cm離れた被写体を低照度撮影 (画像をクリックすると原寸の画像を表示します)
f12mmにレンズを調整して望遠撮影を行いました。
望遠撮影時も良好な撮影が出来ています。
 カメラから約40cm離れた被写体を低照度下で撮影
RFAC-WD2205MOC2 カメラから約40cm離れた被写体を暗視撮影 (画像をクリックすると原寸の画像を表示します)
照度0.08Luxの環境下で低照度撮影を行いました。
ノイズは出てしまいますが、0.1Luxを下回る環境下でも撮影ができています。(DSS×4倍にて)

ワンケーブル フルHD AHD屋内用VFレンズ内蔵ボックス型防犯カメラ RFAC-WD2205MOC2 のご紹介

RFAC-WD2205MOC2はAHD2.0とアナログ(CVBS)の映像方式に対応したワンケーブルタイプの屋内用ボックス型防犯カメラです。専用の電源重畳ユニット「RFOP-UL114C」と組み合わせることで、同軸ケーブル1本に映像信号と電源を乗せることができ、配線を同軸ケーブル1本で行うことができます。
また、RFAC-WD2205MOC2は映像出力方式をAHD2.0とアナログ(CVBS)に切り替えができ、電源重畳ユニットから出力される映像方式もそれに準じます。その為、フルHD画質によるAHD2.0ワンケーブル防犯カメラとしてだけでなく、アナログワンケーブル防犯カメラとしての運用にも対応します。

RFAC-WD2205MOC2はボックス型カメラとなりますが、レンズ交換には対応しておりません。その代わり扱いやすい焦点距離幅を備えたf2.8-12mmのオートアイリス・バリフォーカルレンズを内蔵しています。レンズ調整は本体前面部サイドにあるカバーを開けることで内部のレンズ調整ができ、レンズ調整の作業性は良いと思います。また、DC駆動のオートアイリス機能を備えている為、周囲の明るさを適切な光量に調節し、フリッカレス機能も利用できるので安定した屋内環境での撮影が可能になります。

RFAC-WD2205MOC2の撮影能力ですが、イメージセンサーには約200万画素の1/3インチCMOSイメージセンサーを搭載し、出力解像度は1920×1080のフルHDによる良質な映像で撮影ができます。また、最低被写体照度も0.05Luxと比較的高感度仕様の為、多少薄暗い環境下でも監視を可能にします。
さらに、低照度下での監視にも耐えられるようにICR機構を採用したTrue Day&Night機能を採用。これにより低照度下の撮影にも強く、電子感度アップ機能も備えている為、電子感度アップ機能を使用することでさらなる低照度下での撮影にも対応します。
この他、主な撮影補助機能として明暗差の激しい場所で安定した映像を得ることが出来るD-WDR機能を始め、蛍光灯のチラツキを完全抑制するフリッカレス機能を搭載し、様々な環境下でも安定した映像を映し出す機能を搭載しています。また、各機能はOSD設定機能によりモニター画面にメニューを表示させて設定することができます。OSD制御は本体背面のOSDスイッチを用いる他、AHD出力時にはUTC機能によりレコーダー側での制御にも対応します。

RFAC-WD2205MOC2はレンズ調整のし易さ、撮影補助機能の充実性を含め、全般的に扱いやすい良質なワンケーブルボックス型防犯カメラと言えます。筐体デザインもシンプルなボックス型カメラの為、店舗内や事務所の監視、マンションのエントランス等にスマートに設置できます。AHD2.0だけでなくアナログでも運用が出来る為、アナログからフルHDへのリプレースだけでなく、アナログからアナログへの置き換えにも対応したワンケーブル防犯カメラです。

ワンケーブル フルHD AHD屋内用VFレンズ内蔵ボックス型防犯カメラ RFAC-WD2205MOC2 製品仕様

イメージセンサー 1/3型プログレッシブCMOSセンサー
解像度 約200万画素 / 1920×1080
HDアナログ出力(AHD) 1.0Vp-p 75Ω(BNC)
SDアナログ出力(NTSC) 1.0Vp-p 75Ω(BNC)
最低被写体照度 0.05Lux(F1.2)
ホワイトバランス ATW / AWB / プッシュロック / 手動
デジタルノイズリダクション ハイ / ミドル / ロー / オフ
画像補正 D-WDR / 逆光補正 / ハイライト補正 / オフ
電子感度アップ オフ / x2 / x4 / x8 / x16 / x32
電子シャッター AUTO:1/50(60)~1/10,000秒 / マニュアル設定
電子ズーム 1.0x~8.0x(0.1ステップ)
AGC 0~20
モーション検知 ON(4箇所)/ OFF
デイナイト オート / カラー / 白黒
レンズ f2.8~12mm / オートアイリス機能付
電源 専用電源またはDC12V
消費電力 約2.2W
動作温湿度 -10℃~50℃ / 80%RHまで
寸法(mm) W55×H58×D170
重量 約380g
同梱内容 RFAC-WD2205MOC2 本体

※製品の品質改善の為、予告なく仕様が変更となる場合がございます。

ワンケーブル フルHD AHD屋内用VFレンズ内蔵ボックス型防犯カメラ RFAC-WD2205MOC2 オプション品のご案内

RFOP-UL114C AHDワンケーブルカメラ用4ch電源重畳ユニット AHDワンケーブルカメラ用4ch電源重畳ユニット
型番:RFOP-UL114C 価格:¥29,800(税込)
カートに入れる(購入数はカート内で設定してください)

RFAC-WD2205MOC2に対応した4ch電源重畳ユニットです。
本製品を電源重畳方式で使用する場合にご利用下さい。
AHD監視用デジタルレコーダー AHD監視用デジタルレコーダー

AHD防犯・監視カメラ録画用の監視用デジタルレコーダーです。
AHD防犯・監視カメラの映像モニタリングや録画の際に必須となります。
カメラスタンド・ブラケット カメラスタンド・ブラケット

RFAC-WD2205MOC2にはカメラブラケット(取付け台)は付属しておりません。
3脚ネジ穴対応のカメラスタンド・ブラケットをご使用下さい。(取付けは上下対応)
カメラハウジングケース カメラ用ハウジングケース

屋内用カメラを屋外に設置する際に必要になります。
簡易型から高い防水性を誇るモデル、寒冷地仕様等ご用意致しております。

ケーブル ケーブル

RFAC-WD2205MOC2には配線ケーブルは付属しておりません。
配線ケーブルが必要な場合は別途お買い求め下さい。
防犯カメラ・監視カメラ製品のサイト内検索。型番検索にご利用ください

防犯・監視システムの設置工事・施工のお手伝いを致します 多様化する防犯カメラ・監視カメラの規格について解説致します。防犯カメラ・監視カメラ選定の際、お役立てください ご注文頂きました防犯・監視システム製品は最短で即日発送 ショッピングカートご利用方法 FAX用オーダーシートダウンロード 防犯・監視システムFAQ 防犯・監視録画機器で録画を行った場合のフレームレートの違い 防犯・監視システムご購入の際によくあるご質問 B-plus 経営者インタビュー